top of page
  • 執筆者の写真両村鍼灸整体院

ランナー膝の原因と施術方針

更新日:5月31日

ランナー膝は、ランニングなど走る動作を繰り返して起こる疾患です。 この記事では、ランナー膝の症状や原因、痛み解消法について解説しております。 記事の最後には、柔道整復師・鍼灸師の視点からランナー膝損傷に対する施術方針も書いております。 ぜひ最後までご覧いただき、あなたのランナー膝改善のお役に立てると幸いです。


ランニングする男性
 

ランナー膝の症状

走っている時の膝外側の痛み 膝の外側にある“腸脛靭帯”という部分に痛みがでます。場所としては膝の外側に痛みがでます。炎症が起きて間もないときには、熱をもって赤く腫れあがることもあります。

腸脛靭帯とは

太ももの外側にあり、股関節から膝関節までまたがる大きな靭帯です。ランニングの動作においては、足を地面についた時に上半身が傾かないように支える役割を担っています。

ランナー膝のイラスト


ランナー膝の原因

“走る”動作を繰り返す

長距離のランニングなどをおこなうとランナー膝の原因になります。足の構造上、走る動作において腸脛靭帯と骨は摩擦が起こります。繰り返し摩擦が起きることにより腸脛靭帯に炎症が起きてしまいます。


ランニングフォームが悪い

膝の外側にストレスの加わりやすい走り方をすると腸脛靭帯に負荷が加わりやすくランナー膝の原因になります。


O脚

膝がO脚の人は、膝の外側に負荷が加わりやすいです。O脚の人がランニングをするとランナー膝になりやすいです。



ランナー膝の痛み解消法

痛めてすぐは患部を冷やす

ランナー膝を発症してすぐは、まずアイシングします。患部をアイシングすることにより炎症をおさえる作用があります。


膝をホットタオルであたためる

膝を温めることで膝の血流が促進されてランナー膝の軽減・予防になります。オススメは、「ホットタオル」です。少し水で濡らしたタオルをレンジでチンしましょう。ホットタオルを膝に当てて5~10分温めましょう。 注意点としては、痛みがでて間もないときは、温めてはいけません。患部の皮膚を触ってみると熱を持っているときは、温めるのはNGです。



オーダーメイド整体のご提案


鍼治療

“はり”で膝の痛みを改善 鍼には、鎮痛効果があります。腸脛靭帯に鍼を刺すことによりランナー膝の痛みを軽減し、治癒促進する期待できます。筋肉に痛みがでている部分に関しては、筋肉に直接鍼を刺して痛みを改善していきます。またランナー膝改善に効果的なツボに鍼を施して症状を改善させます。



“きゅう”で血流促進 きゅうで膝周辺を温め血流促進します。血流が促進されることにより筋肉が柔らかくなり痛みを軽減させる効果があります。さらに血流促進することにより筋肉の治癒促進につながります。


“整体”でO脚矯正 O脚を治すためには、膝以外の関節にもアプローチする必要があります。一番ポイントに置いているのは、足首(足関節)です。足首は、地面設置するときに負荷がかかりやすい関節でありながら膝関節に非常に近い位置にある関節です。膝関節のゆがみを矯正しても足首が変形してしまっていては、ゆがみは改善しません。このように膝関節のみではなく、その周辺の関節の変形を矯正していくこともランナー膝の症状改善のために重要なことになります。



まとめ

ランナー膝の原因や対策について書きましたが、大腿四頭筋が硬いこと使い過ぎがよくないことがわかっていただけたと思います。ランナー膝の痛み解消法を実践して痛みが軽減・改善しない場合は、鍼灸整骨院や整体院などに通院してみるのも検討してみてください。



ー---------

両村鍼灸整体院

愛媛県松山市鉄砲町7-27Mayfair鉄砲町Pemiumテナント1F

TEL:089-989-6919


ご予約はお電話もしくは、LINE公式アカウントより受付しております。

ー---------



オーダーメイド整体 ¥6,800 -


マッサージ

筋肉や骨格を手技で調整し、鍼や灸で自律神経を整えます。鍼灸と手技の技術を身体を健康にしていきます。

ご予約はお電話もしくは、LINE公式アカウントより受付しております。




記事の執筆者


両村鍼灸整体院の院長

両村 亘祐(りょうむら こうすけ)

1990年4月10日生まれ

鍼灸師/柔道整復師

愛媛県松山市の両村鍼灸整体院で院長を務める。

臨床経験は11年で、年間約3000人の施術を行う。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page