• 両村鍼灸整体院

変形性膝関節症の原因と施術方針

変形性膝関節症は、聞いたことのある方、診断された経験のある方たくさんいると思います。 この記事では、変形性膝関節症の症状や原因、解消法、進行予防について解説しております。

記事の最後には、柔道整復師・鍼灸師の視点から変形性膝関節症に対する施術方針も書いております。 ぜひ最後までご覧いただき、あなたの変形性膝関節症の痛み改善のお役に立てると幸いです。

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症の痛み解消法

オーダーメイド整体のご提案

 

変形性膝関節症の症状

膝の変形、膝の痛み 膝の変形は進行性のため徐々に変形をしていきます。変形初期症状としては、立ち上がりや歩き始めの動作の開始時に痛みがでます。中期になると正座や階段の上り下りが痛いなどの症状が出ます。変形末期になると安静にしていても痛みがでるなどの症状が出ます。変形の多くはO脚変形していきます。

変形性膝関節症の原因

筋力低下

膝周辺の筋力低下は変形性膝関節症の原因となります。特に太ももの内側にある“内側広筋”という筋肉が弱くなるとO脚になっていきます。内側広筋は、日常的な生活ではあまり使用する機会がありません。膝をピンと伸ばしたり、階段の上り下りなどをした時に内側広筋が働きます。これらは日常生活の中では、多い動作とはいえません。そのため内側広筋の筋力は弱くなりやすい傾向にあります。

ひざの関節軟骨の弾力性低下

関節軟骨の弾力性が低下するのは、加齢によることが考えられます。膝の関節には、骨と骨の間のクッション材となるを関節軟骨があります。この関節軟骨は水分が含まれていて柔らかい素材です。しかし、年齢を重ねていくうちに関節軟骨の水分が少なくなっていき固い関節軟骨になっていきます。弾力性が失われた軟骨の場合、骨同士の摩擦が強くなってしまい、やがてすり減ってしまいます。その結果、膝が変形していきます。

変形性膝関節症の痛み解消法

膝をホットタオルであたためる

膝を温めることで肩の血流が促進されて変形性膝関節症の痛み軽減・予防になります。お風呂でゆっくり温めるのも良いですが、オススメは、「ホットタオル」です。少し水で濡らしたタオルをレンジでチンしましょう。ホットタオルを膝に当てて5~10分温めましょう。


オーダーメイド整体のご提案



“はり”で膝の痛みを改善 鍼には、鎮痛効果があります。変形性膝関節症の症状として痛みがあります。その痛みを軽減することが期待できます。筋肉に痛みがでている部分に関しては、筋肉に直接鍼を刺して痛みを改善していきます。また関節内に痛みがある場合には、変形性膝関節症に効果的なツボに鍼を施して症状を改善させます。


“きゅう”で血流促進 きゅうで膝周辺を温め血流促進します。血流が促進されることにより筋肉が柔らかくなり痛みを軽減させる効果があります。また膝が温まることに変形の進行を遅らせる効果も期待できます。

“整体”で膝周辺の関節を矯正 膝の変形を治すためには、膝以外の関節にもアプローチする必要があります。一番ポイントに置いているのは、足首(足関節)です。足首は、地面設置するときに負荷がかかりやすい関節でありながら膝関節に非常に近い位置にある関節です。膝関節のゆがみを矯正しても足首が変形してしまっていては、ゆがみは改善しません。このように膝関節のみではなく、その周辺の関節の変形を矯正していくことも変形性膝関節症の症状改善のために重要なことになります。

まとめ

変形性膝関節症の原因や対策について書きましたが、膝周辺の筋力低下や膝関節軟骨のすり減りがよくないことがわかっていただけたと思います。変形性膝関節症の痛み解消法を実践して痛みが軽減・改善しない場合は、鍼灸整骨院や整体院などに通院してみるのも検討してみてください。


ご予約はお電話もしくは、LINE公式アカウントより受付しております。

質問等は、お電話もしくはインスタグラムのDMにて受付しております。

お気軽にご連絡ください。

よくあるご質問はこちら


ー---------

両村鍼灸整体院

愛媛県松山市鉄砲町7-27

Mayfair鉄砲町Pemiumテナント1F


TEL:089-989-6919


▼instagram

https://www.instagram.com/ryomura_kosuke/

ー---------

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示