• 両村鍼灸整体院

腰痛の原因と施術方針

腰痛とは病名ではなく、体に現れてくる症状の名前です。レントゲンなどの画像検査では、異常はないものの、腰に痛みを訴える症状を総じて“腰痛”といいます。 病気やけがによる自覚症状の調査結果では男性1位となっていて※誰しも起こりうる身近な症状です。 今回の記事では、腰痛の症状や原因、解消法について解説します。 記事の最後には、柔道整復師・鍼灸師の視点から胸郭出口症候群に対する施術方針も書いております。 ぜひ最後までご覧いただき、あなたのお悩みの改善のお役に立てると幸いです。 ※厚生労働省 平成28年国民生活基礎調査




腰痛の症状

腰痛の原因

腰痛の解消法

オーダーメイド整体のご提案

 

腰痛の症状

腰が痛い、重い

腰に痛みがある。多いのは、荷物を持ち上げた時に痛みがでる、立ちっぱなしの状態が続いた時に痛みがでるなどが挙げられる。

腰痛の原因

筋肉疲労 荷物を持ち上げるなど腰の筋肉を酷使すると腰痛が発症しやすくなります。 特に運動不足の人が急に腰の筋肉を酷使すると発症リスクは高いです。筋肉疲労が蓄積した状態が続くと腰の筋肉が血行不良になり痛みのサインをだします。

反り腰

反り腰のような姿勢不良により腰まわりの筋肉が硬くなり腰に痛みが生じます。反り腰の姿勢になると、腰に常に力が入ってしまい筋肉が硬くなります。硬くなってしまった筋肉は血流不足などの影響により痛みを発します。 反り腰になってしまう原因としては、腹筋の筋力不足が挙げられます。背骨がまっすぐ保たれるためには腹筋と背筋のバランスがとれていることが必須です。しかし前壁である腹筋が筋力低下すると腰が反ってしまいます。

精神的ストレス

ストレスの原因として、職場における過重労働に加え、人間関係があげられます。 精神的ストレスが強くなると自律神経の交感神経が興奮し、血管が収縮し、血行不良になります。さらに精神的ストレスを受けると脳から筋肉を緊張させる神経伝達が起きて腰痛を引きおこします。このように精神的ストレスが腰痛の原因となってしまいます。 腰痛の80%以上の原因が精神的なトラブルによるものという研究結果もでているほどです。


腰痛の解消法

腰をホットタオルであたためる

腰を温めることで腰の血流が促進されて腰痛の軽減・予防になります。お風呂でゆっくり温めるのも良いですが、オススメは、「ホットタオル」です。少し水で濡らしたタオルをレンジでチンしましょう。ホットタオルを5~10分腰にあてて温めましょう。腰を温めることで血流促進のほかにも、自律神経を整えストレスを和らげる効果も期待できます。

腰・股関節のストレッチ

腰やお尻まわり、股関節のストレッチをしましょう。ストレッチをすることで血流促進につながり疲労回復効果が期待できます。お体のご提案

整体のご提案



“はり”で腰の自然治癒力を促進

腰痛のピンポイントに鍼を刺すことで、筋肉に微かに傷をつけます。(この傷は、健康的な傷と呼ばれます)傷つけられた筋肉を再生するために身体の細胞が働きだします。このように自然治癒力を促進して、筋肉を本来通りの柔らかい組織で回復させていきます。





“きゅう”で精神的ストレスの改善

きゅうは、燃やすと独特の香りがします。これは「チネオール」といい、きゅうを構成する艾の成分です。なんとこの香りにはストレス緩和効果があります。精神的ストレスは肩こりの原因になります。きゅうの香りでストレスを和らげることにより肩こりの軽減・予防を期待できます。




“整体”で反り腰改善

反り腰とは、腰が反っているような姿勢のことをいいます。反り腰を改善するは、胸椎や腰椎の矯正を整体手技にて行います。反り腰が改善することにより、腰痛の軽減・改善、そして腰痛の予防となります。





まとめ

腰痛の原因や対策について書きましたが、腰痛になる原因として、精神的ストレスや反り腰などが挙げられます。反り腰の解消法を実践して症状が軽減・改善しない場合は、鍼灸整骨院や整体院などに通院してみるのも検討してみてください。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示