top of page
  • 執筆者の写真両村鍼灸整体院

変形性肘関節症の原因と施術方針

この記事では、変形性肘関節症の症状や原因、解消法、進行予防について解説しております。

記事の最後には、柔道整復師・鍼灸師の視点から変形性肘関節症に対する施術方針も書いております。ぜひ最後までご覧いただき、あなたの変形性肘関節症の痛み改善のお役に立てると幸いです。


肘の痛み


 


1.変形性肘関節症の症状

肘関節の変形、肘の痛み

肘関節の変形は進行性のため徐々に変形がすすんでいきます。骨の欠片が関節内を浮遊する*関節遊離体や骨にトゲがでる*骨棘(こつきょく)が発生します。変形が進むと肘関節が曲がりにくくなり口元まで手が届かなくなり飲み物を飲むなどの動作ができなくなり日常生活動作に大きく支障がでるケースもあります。



2.変形性肘関節症の原因


スポーツなどによる肘関節の使い過ぎ

野球、柔道など肘に力を入れて投げる、引っ張るなどの動作を繰り返すことにより肘に負担がかかっていき肘関節が変形していきます。最初は肘の痛みを訴えることが多く、その後肘が曲がりにくくなるなどの症状がでてきます。


仕事などによる肘関節の使い過ぎ

建設業などの肉体労働で肘を酷使することも変形性肘関節症になる原因となります。最初は肘の痛みを訴え、その後曲がりにくくなるなどの症状がでてきます。


骨折や外傷

肘関節を骨折したり、外力が加わることで肘関節が変形することもあります。



3.変形性肘関節症のセルフケア

ストレッチ

肘関節周辺の筋肉をストレッチします。


4.オーダーメイド整体のご提案


お灸治療

“はり”で肘関節周辺の痛みを改善

鍼には、鎮痛効果があります。変形性肘関節症の症状として痛みがあります。その痛みを軽減することが期待できます。筋肉に痛みがでている部分に関しては、筋肉に直接鍼を刺して痛みを改善していきます。また関節内に痛みがある場合には、変形性肘関節症に効果的なツボに鍼を施して症状を改善させます。


“きゅう”で血流促進

きゅうで肘関節周辺やお尻を温め血流促進します。血流が促進されることにより筋肉が柔らかくなり痛みを軽減させる効果があります。また股関節が温まることに変形の進行を遅らせる効果も期待できます。


“整体”で肘関節を矯正

筋肉や靭帯が原因で変形してしまっている場合には、徒手療法が適応になります。硬くなっている筋肉や靭帯にストレッチやもみほぐしを行い、柔らかくしていきます。痛みの軽減や肘が曲がりやすくなるなどの効果がでます。



5.まとめ

変形性肘関節症の原因や対策について書きましたが、肘関節周辺の筋力低下や体重増加がよくないことがわかっていただけたと思います。変形性肘関節症の痛み解消法を実践して痛みが軽減・改善しない場合は、鍼灸整骨院や整体院などに通院してみるのも検討してみてください。


ー---------

両村鍼灸整体院

愛媛県松山市鉄砲町7-27Mayfair鉄砲町Pemiumテナント1F

TEL:089-989-6919


ご予約はお電話もしくは、LINE公式アカウントより受付しております。

ー---------





オーダーメイド整体 ¥6,800 -


整体

筋肉や骨格を手技で調整し、鍼や灸で自律神経を整えます。鍼灸と手技の技術を身体を健康にしていきます。


記事の執筆者


両村鍼灸整体院の院長

両村 亘祐(りょうむら こうすけ)

1990年4月10日生まれ

鍼灸師/柔道整復師

愛媛県松山市の両村鍼灸整体院で院長を務める。

臨床経験は11年で、年間約3000人の施術を行う。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

留言


留言功能已關閉。
bottom of page